セミナー

CO2排出量計算(スコープ1、スコープ2、スコープ3)に関して、随時セミナーを開催しています。

新着セミナー

『プロが教えるGHGプロトコルに基づくスコープ1.2.3実践的計算方法セミナー【特別講演】 第三者検証/保証取得の方法について』

セミナー内容
ESG投資の広がりやサプライヤーへのCO2削減の要求などにより、企業としてCO2排出量削減活動に取り組むことが現在強く求められております。企業がCO2排出量削減活動を行う上でまずはじめにやるべきは「自社のCO2排出量の定量化」です。CO2排出量の定量化はGHGプロトコルに基づくスコープ1、2、3に分けて算出することがグローバルスタンダードとなっており、算定対象範囲は自社の直接排出だけでなく、サプライチェーン全体の間接排出までを対象とします。スコープ1、2、3算定は複雑で理解が難しく(特にスコープ3)、どのカテゴリをどこまで計算すればよいか、どういったデータを集計し、どのように計算したらよいか、など算定に頭を悩ませている担当者が多いとお聞きしております。Believe Technology株式会社では中小企業から大企業まで幅広くスコープ1、2、3排出量の算定支援をおこなっており、今回実務者の方に向けて『実践的』なCO2排出量計算方法を学んでいただくことを目的としたセミナーを開催する事に致しました。セミナー後半では、算定した排出量について第三者検証機関より検証/保証を受ける際の具体的な方法を、スイスに本拠を置く国際的な検証機関SGSジャパン様をゲストスピーカーとしてお呼びして解説していただきます。


講師:Believe Technology株式会社 代表取締役社長 渡邊 信太郎 氏
Believe Technology株式会社 取締役副社長  角田 翔太郎 氏
【ゲストスピーカー】   SGSジャパン株式会社 其畑 裕一  氏

日時2022年2月7日(月)14:00〜16:00
会場ZOOMによるライブ配信
参加費22,000円(税込)
内容第1部.スコープ3を中心としたGHGプロトコルに基づくスコープ1、2、3の実践的計算方法
 渡邊・角田【14:00~15:15】
1.基礎知識

  ・GHGプロトコルについて
  ・サプライチェーン排出量計算が求められる理由について
  ・実際の算定事例について

2.排出量計算の手順とDBについて
  ・具体的な算定の手順について
  ・排出原単位DBの種類とその特徴について

3.スコープ1、2の算定対象範囲と計算方法
  ・スコープ1(自社の直接排出)とは
 ・スコープ1の算定対象範囲
  ・工業プロセスによる排出の種類
  ・企業がよく該当する項目と計算式
  ・スコープ2(電気、熱の使用に伴う間接排出)とは
  ・スコープ2の算定対象範囲
  ・GHGプロトコルと基本ガイドラインのスコープ2の違い

4.スコープ3の算定対象範囲と計算方法
  ・スコープ3(スコープ1、2以外の間接排出)とは
  ・カテゴリ1(購入した製品・サービス)について
  ・カテゴリ4&9(輸送配送【上流・下流】)について
  ・カテゴリ5&12(自社由来・販売した製品の廃棄物)について
  ・カテゴリ11(販売した製品の使用)について
  ・カテゴリ2(資本財)について
  ・カテゴリ3(燃料及びエネルギー活動【上流】)について
  ・カテゴリ6&7(出張・雇用者の通勤)について
  ・カテゴリ10(販売した製品の加工)
  ・カテゴリ8&13(リース資産【上流・下流】)について
  ・カテゴリ14&15(フランチャイズ・投資)について 
  ※主要なカテゴリは様々な算定ノウハウをご紹介いたします

5.ビリーブテクノロジーCO2算定支援サービスの内容について
  ・スコープ1.2.3算定支援サービスについて
  ・第三者検証支援サービスについて

第2部. (特別講演)第三者検証/保証取得の方法について   其畑【15:15~15:30】
  ・SGSジャパンにおけるGHG第三者検証概要説明

第3部.  質疑応答   渡邊・角田・其畑【15:30~16:00】
  CO2排出量計算に関する質問、第三者検証/保証についてご質問をお受けいたします。
  お気軽にご質問ください。

お申し込みはこちら

 

開催予定のセミナー

『再エネ電力&脱炭素プロジェクト推進リーダー養成講座経済性を加味した再エネ電力の導入と脱炭素の計画策定及び温室効果ガス排出量の把握方法』

セミナー内容
地球温暖化を防ぐため、先進国を中心に温室効果ガス削減の取り組みを行っています。そのため、企業も温室効果ガス排出量の情報公開やRE100やRE Actionに代表されるような再エネ電力の導入、あるいは脱炭素の取り組みを進めていく必要性に迫られており、具現化に向けた活動の準備をしている所も多いと思われます。再エネ電力の導入や脱炭素の活動は、環境性の面ではプラスになりますが、経済性の面ではマイナスに働く傾向にあります。また、業種や土地資産の保有状況などにより、最適な再エネ電力の仕組みやCO2の排出減及び脱炭素の対策は企業毎に異なり、カスタマイズが必要になります。そのため、経済性を加味しながら自社に合った推進計画を策定することが重要となります。 本セミナーの第1部では、再エネ電力の導入と脱炭素活動を進めていくために整理した必要情報を提供すると共に、構想立案、仕組みの設計を行っていくための考え方と進め方について解説します。第2部では、CO2削減商品開発等のために必要となる自社の温室効果ガス(スコープ1、スコープ2、スコープ3)の排出量の算出方法の基礎について解説します。

日時2022年 3月29日(火) 14:00~17:00
会場〒105-0003 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
参加費1名につき 33,600円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
内容Ⅰ.経済性を加味した再エネ電力の導入と脱炭素の計画づくり
  株式会社リーディング・イノベーション
  代表取締役社長/新規事業開発 上級職人
  芦沢 誉三(あしざわ よしぞう) 氏  【14:00~15:40】

1.やや複雑な電力市場の構造を分かりやすく整理
  ・電力政策の変化の流れと影響
  ・電力を売買する市場の概要と理解のポイント
  ・発電事業者と需要家、電力流通と情報流通
  ・電力の同時同量という特性から発生する課題と新規ビジネス動向
  ・需要家企業はどことどのように付き合うのか

2.再エネ電力&脱炭素のための構造マップ
  ・再エネ電力の仕組みとその特徴(PPA、自己託送、VPP、自社発電、再エネ電力証書 など)
  ・再エネ電力導入を検討するための構造マップ
  ・需要家企業と再エネ電力サービス提供企業との関係
  ・脱炭素手段とその特徴(カーボンニュートラル燃料、CO2吸収、CCS、ゴミ処理 など)
  ・マスバランス・アプローチについて
  ・脱炭素手段の構造マップのイメージと使い方>

Ⅱ.CO2排出量の算出方法の基礎講座
  ビリーブテクノロジー株式会社 代表取締役社長
  渡邊 信太郎(わたなべ しんたろう) 氏
  ビリーブテクノロジー株式会社 取締役副社長
  角田 翔太郎(つのだ しょうたろう) 氏  【15:50~17:00】

1.算定前に必要な基礎知識
  ・GHGプロトコルの概要 について
  ・サプライチェーン排出量計算が求められる理由について
 ・実際の算定事例について
 ・GHGの種類について
 ・SBT.TCFD.CDP.Re100について
  ・排出原単位データベースについて

2.排出量計算のプロセス
  ・具体的な算定の手順 について
  ・排出量計算の基本式について

3.スコープ1.2.3算定対象範囲と計算式
  ・スコープ1の解説と算定方法について
  ・スコープ2の解説と算定方法について
  ・スコープ3の解説と算定方法について
  ・算定結果の出し方について

4.質疑応答/名刺交換

お申し込みはこちら

過去に開催したセミナー

セミナー一覧

TOP